脱毛期間中に気をつけるポイント

脱毛期間中に気をつけるポイント

脱毛期間中、気をつけたいポイントをピックアップ!
ブルーの壁画と女性の足
沖縄が強く肌が乾燥しやすい環境です。
そのため、隠れドライスキンが多く、脱毛中も肌が乾燥しがちに。

しかし脱毛期間中は、乾燥肌はNG。
なぜなら、乾燥によって脱毛効果が下がるだけでなく、ひどい場合は施術自体ができないケースも
さらに乾燥した肌はバリア機能が衰えているため、さまざまな肌トラブルを招いてしまいます。

では、乾燥からくる肌トラブルとは?
脱毛期間中に気をつけたい肌トラブルと原因、対処法を見てみましょう!

脱毛中に気をつけたい肌トラブル

・硬毛化
・毛嚢炎
・埋没毛

【埋没毛】

主に自己処理が原因で起こるのが「埋没毛」。
毛穴の入り口が、肌の乾燥やかさぶたで固まり塞がれることによって、
毛が皮膚の中で育ってしまうケースです。

【硬毛化】

毛があきらかに以前より、濃く太くなるのが「硬毛化」。
こちらも乾燥状態の肌に、自己処理でさらに負担がかかり過ぎてしまうことや、
脱毛の照射熱で毛穴が活性化され、硬毛化になるケース

【毛嚢炎】

毛嚢炎は見た目にニキビに似た症状です。
細菌の種類が異なり、ニキビがアクネ菌に対して、毛嚢炎は「ブドウ細菌」が原因菌
毛嚢炎は外部からの刺激でなるパターンが多く、
やはり肌のバリア機能が衰えてしまうことが根本原因です。

アフターケアが大事

脱毛期間中は、乾燥になりやすく、肌のバリア機能が低下しやすい時期

そのため、シャワー後なども顔のスキンケアだけでなく、体全体の保湿を心がけましょう!
とくに脱毛している箇所は念入りに

さらに保湿された肌は、脱毛効果が格段にアップします。
なぜなら、十分に保湿されたお肌はキメが整っているため、
照射熱がダメージを与えたい箇所へキレイ届くから。

肌のバリア機能も高いため、照射熱による肌トラブルがおこる心配もありません。

沖縄の強い紫外線に負けないためにも、肌保湿にちからを入れましょう!